おでかけの日は晴れ

お休みの日は映画を観におでかけ。時折、旅行。

赤目四十八滝

お休みの月曜・火曜は、三重の赤目四十八滝に行って来ました。
滝は大好きなんですが、あそこはもう、体育系滝! ですね。
距離は長いし、細い道で足元は悪い場所が多く、景色を見る余裕を失うほどです。
デートで来てる人もいて、ヒールの高いパンプスとかさー、大変だよう。スエードのブーツだって汚れちまうようー。私はスニーカーに、あとは非常に体育会系な格好で準備万端よ。
しかし、最強の女子発見!
ミニスカで黒の網タイツ。しかし足元はラメった素材のキティちゃんのイボイボサンダル・・・! アリか?! そんなんアリか?!
ところがこのキティちゃんが何しろすごかった。とにかくスタスタスタスタ、岩でごつごつする道も、狭く急な階段も、どろまみれの道も、黒編タイツの細い足にキティサンダルで、とにかくスタスタ歩いてって、とてもじゃないけど追いつけない。最初に追い抜かれて、道の途中の茶屋で追いついたけども、再度追い越され、私たちよりもものすごく早く、滝の終点まで行って折り返して戻ってきた。恐るべし、キティ女子!


赤目の滝の入り口から終点まで、さくさく歩いて1時間半。一つの滝でのんびりする間がないほど。それでも、人気のなくなった奥のほうで、滝から落ちる水の音に耳を澄ませながら自分の気配を消していく・・・。自分がなくなっていく感じ・・・。そういうのを楽しみました。

あ、ところで、この滝の途中で、どうしてもどうしても誰かがついて(憑いて?)きたような・・・。途中から自分の右後ろに足音やら気配やらが濃厚にあって、でもどんだけ振り向いても誰もいないのね。ちょっとこわかったなあ。







泊まりは三重県信楽温泉、レイクヴィラ。これで2回目です。
http://www.lakevilla.co.jp/index1.html
ここは年に一度は行きたい、定宿にしたいところです。
ものすごく広くてゆったりした敷地。手入れされた庭。そこにホテル棟が少し。コテージ棟が少し。私たちは広々としたコテージに泊まるのです。部屋はぬくぬくに準備されてるし。スタッフはみんな、丁寧だし。温泉も泉質はとてもいいし。
そんでお料理はさー、私たちが食べた和懐石。

◆前菜 栗、かぼちゃ、銀杏の秋の味覚取り合わせ
◆向附 日本海の海の幸 三種盛り
◆御椀 松茸土瓶蒸し
◆焼物 秋鮭 幽庵やき 鰤
◆油物 甘鯛唐揚げ・秋茄子
◆強肴 鶏肉のすき焼き
◆御飯 松茸ごはん
◆香物 三種
◆止椀 赤出し仕立
◆水物 カットフルーツ、干し柿で挟んだバニラアイスクリーム

これでさー、「じゃらん」から予約して、一泊2食付一人1万円だよー!
そんでポイント使ったので、一人9000円ぐらいかな?
や、マジでここのホテルはおすすめです!

 ◆ゴルフが出来る広い敷地


 ◆帰りに寄った高倉神社の大樟

家に帰って、さっそく映画「赤目四十八滝心中未遂」を観ました。
監督 荒戸源次郎
荒戸氏がプロデュースした「ツィゴイネルワイゼン」をなんとなく思い出す作品。