おでかけの日は晴れ

お休みの日は映画を観におでかけ。時折、旅行。

下諏訪

1月2日は、青春18切符で名古屋方面へ帰りつつも、長野の下諏訪で一泊。
新宿から中央線で高尾→甲府→下諏訪へ。4時間ぐらいかかったかな。
天気も良く、車窓からは富士山も見え、雄大で凛々しい山の風景も見れたのですが、殆ど寝倒している私。
下諏訪では、駅の近くのビジネスホテル。
あの新宿のビジネスホテルでは・・・、ホテルのフロントではなんかカジュアルな服装のイケメン兄さん2人しか見てないのだけども、ホテルマンらしからぬ風貌だったけど、なかなか感じのいい人でしたが、それはいいとして仕方のないことだけどもとにかく狭かった。
下諏訪では、それより安くて、広くて明るいロビー、そして部屋もビジネスホテルとは思えないほどの広さ。ここに仕事へ来るビジネスマンは幸せだあ。
人の重さは、どこでも変わらないはず。
けど、都会では、多くの人を収容することが何よりも大切だから、同じ値段で1人辺りの面積は狭くなる。田舎ではそれが広くなり、ごはんもすごく美味しくなる。
人の重さも、価値も、どこでも変わらないはずなのに。
結果としてこっちの方が、一人一人が大切にされているようなことになっている。

歩いて、下諏訪の諏訪大社にお参り。
夕暮れ近い参道だが人はいっぱいだ。出店も多い。

下諏訪の街を歩きながら、点在する温泉の銭湯に2箇所入る。
鍵つきコインロッカーもあるが、大抵の人は使わずに衣服を棚に置くか、またはコインロッカーに入れてもお金を入れず、鍵もあけっぱなしのままだ。
夕ごはんは駅前の居酒屋、養老乃瀧