おでかけの日は晴れ

お休みの日は映画を観におでかけ。時折、旅行。

『東宮西宮』その2

以下の文章は、私が『東宮西宮』を見たばかりの、2000年頃、当時36歳の頃に書いた文章です。私自身はこのテキストを紛失していたのですが、テキストを保存して下さってたよりよりさんに心から感謝します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東宮西宮』

1996年中国製作

監督・・・張元(チャン・ユアン

撮影・・・・・張健

音楽・・・・・向人

主演 アラン・・・司汗

小史・・・・胡軍

青い色で包まれたこの映画。 繰り返される再生を包み込む、夜明けのほの明るい青。 どこまでも深く秘められているものを押し包んでいる、夜の青。 その色の中で、作家のアランという男に出会ったことで、変容していく警官、小史。 そして、自らを語っていくごとに、ゾクゾクする程美しさを増していくアラン。 この映画はそんな二人の関係の物語です。

1.「エロ」へ!

エロ。

いつからこの言葉が今の私達の周囲から消えたのだろう。

あるのか? ほんと? 何処にだ? 私が知らないだけ?

だって私の周りには見当たらないぞ。 むせかえるような猥褻さ。 薄暗くねばつくような空気。 汗ばみ、体温が上がっていくような感じ。

アダルトビデオ。あれはエロなのか? アニメ絵のエロ漫画。あれがエロなのか?

私が年を取ったから? まあそれもあるが、でも周囲も、文化も、そして私自身も、 こと性に関しては萎えてしまっている様な気がして仕方が無い。 かつてあった筈の、焼けただれたアスファルトの上に立っているような、そんな感覚が。 確実に私達は去勢されてきているような気がしてならないのだ。

例えば。

八月の濡れた砂」「水のないプール」

高校のときにキネ旬でそのタイトルとあらすじだけで感じた、あんな風なひりひりと焼けつくようなエロは何処へ消えたんだろう。

勿論、この「東宮西宮」はエロ映画ではない。 ただ、見ているうちに「エロ」という言葉を思い出したのだ。 今の日本が喪失してしまった「エロ」を。

「エロ」だ。 これは、エロスとかエロティックとか、そんなお上品な言葉じゃ済まされない。 中国では公開を禁じられた、このゲイの物語。 しかし、この映画は中国でしか生まれることが出来なかっただろうと思う。 アメリカやヨーロッパ、勿論日本でもゲイに関する映画はたくさん生み出されてきた。 しかしこれほど「エロ」な映画は少ないのではないか。 「エロ」が生みだされるのに最も必要なものは「激しい抑圧」だからだ。 そう、映画の中でも主人公はこう語っている。 「苦痛のない生は意味がない」と。

主人公の作家の男、アラン。社会的に彼の性は、彼の思想は、人生は抑圧されている。 だからこそ身体中にエロをたぎらせている。 彼は警察官の小史に捕まり、自由に動くことを制限されている。 床にしゃがめ、椅子に座れ、動くな、と。 その中で彼の笑いに歪む口元、ほんの少し動かす手、 いつも正面を見据えているが時折、ほんの時折動くその黒目。 それらに周りの空気が鳥肌立つようにざわざわとする。

「愛している」という。この静かなエロの魔物が愛していると言う。 小史は、同性愛などけがらわしくて信じられない。 「愛している」と目の前で訴えられるのは怖い。 それが例え同性じゃなくっても、異性でも怖い。 しかも、それを言う目の前の同性の「男」は、彼の目は、体は、 どうしようもなく切実で、つきささるほどの鋭さをもって、 たぎらせるエロをぶつけてくるのだ。 それは真冬に道を歩いていて、突然背中に氷水を入れられたような気分だ。 あまりの衝撃に身動きできず、ただ立ち尽くしたまま、 その事実を凝視することしか出来ないのだ。

静かな映画だが、最初から最後まではりつめたような緊張感だ。 薄い氷のような。 ううん、ちょっと違うな。 射精されることなく、きつく固く勃ったままの性器。 そんな感じだ。